スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スイングトレードでのエントリー

スィング ポンド 4月30日

ポンド円の日足です。一番右にあるローソク足が4月30日になります。スイングトレードでは週足でトレンドを確認した後にエントリーする前日の安値、高値で損切り、エントリーを行います。この時は週足で上昇トレンドだったのですが、緑の線にもあるように価格が抑えられているのであえてショートのエントリーを行いました。

こう見ると上位時間のラインが重要になってきます

スポンサーサイト

4月8日

4月8日

ポンド円の15分足です。この日はダウントレンドと判断して、ショートでエントリーチャンスを探っていました
緑の矢印部分で上髭が長く出ていたので終値が確定する前にエントリーしました。

しかしその後急激に価格が上昇したため。損切りをしました。

取引終了後に見直してみると、日足のトレンドがダウンではなかった事が分かりました。
焦って見落としていたので悔しかったです。

3月14日

この図はポンド円の15分足です。

この時は昨日から上位時間、15分足でも上昇トレンドが続いていました。なのでロングでのエントリーを探っていました。
赤い矢印でエントリーしたのですが、理由はSMA25を終値で抜けなかったからです。しかしよく見てみると陰線の実体が長いのでこのまま下がる可能性が高いと言えました。エントリーした時は気づきませんでした。

やはり反発としては弱かったのだと思います。今回は黄色の矢印の終値で損切りになってしまいました。
また緑の線はレジスタンスラインになります。

また赤い矢印の前で陰線が三つ並んでいる上に価格を切り下げていました。

今回のトレードから学んだ事はローソク足のパターンも覚える事と総合的に判断する事の大切さです。

3月7日

ドル円 3月7日

上の図は3月7日のドル円の15分足のチャート図です。

この時は上位時間が上昇トレンドを形成していました。青い線はトレンドラインです。そこに触れた事を確認してから
終値でロングのエントリーを行いました。

緑の矢印でボリンジャーバンドを外れて終わったので決済しました。

3月6日

3月6日

3月6日のユーロドル15分足の画像です。

この時は1時間足は下降トレンド、4時間足、日足共にSMA25の真ん中の位置していたのでレンジ相場だと判断しました
また1時間足は下降トレンドを形成していたので、ショートを狙った逆張りを行いました。

最初と真ん中のオレンジ色の円で上値が抑えられています。ここから再度この付近まで上昇するだろうと思い
青い円の価格1.37413でショートでエントリーしました。

利食いはレンジ相場なので多く取れない判断し、直近の最安値の少し上の価格1.37179で決済しました。

今回はレンジ相場でトレードしましたが、重要な事は直近の高値に複数回抑えられるとレジスタンスラインとして機能する傾向がある、長期の時間足がレンジ相場である事が大切だと思いました。

プロフィール

ニシマワリ

Author:ニシマワリ
FC2ブログへようこそ!
デモ取引でFXの勉強中!
まだまだ初心者ですが暖かい目で見てください。

最新記事
月別アーカイブ
分類
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
最新トラックバック
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。